痛みを専門に診療する科です。慢性的な痛みなどを治療します。
ペインクリニックで治療している疾患は痛みに関するものだけでなく、顔面痙攣・顔面神経麻痺・のほか、近年増えている糖尿病の合併症のひとつでもある末梢血行障害など傷み以外の疾患にも効果があります。また星状神経節ブロックで顔面神経麻痺や突発性難聴といった、痛みのない症状の治療も可能です。
手術室での手術患者の麻酔管理(全身麻酔・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔)も担当しています。

「腰にズーンと重い痛みがある」
「足がしびれる」 「顔にビリッと電気が走るような痛みがある」
「まぶたがピリピリ痙攣する」など

ペインクリニック・麻酔科での治療内容について

各専門分野の医師とも相談して痛みの原因と心理的な面とを評価しながら原因を探り、治療方針を決めていきます。主な治療法は「神経ブロック」と呼ばれる方法で、痛みの原因となる神経(脳脊髄神経や神経節)の近くに局所麻酔薬を注射し、一時的に神経を遮断することで痛みを和らげます。ブロック注射は、最初に痛み止め用の麻酔を行うので痛みはほとんどありません。
2時間ほどで痛みは戻りますが、そのときブロック前より軽くなっていれば効果が出ている証拠です。
観察しながら週1ペースでブロック注射を続けていきます。但し、副作用が出る場合もありますので、まずはご相談ください。

特色について

麻酔科・ペインクリニックでは患者さまの痛みに寄り添った診療を心がけています。
当院の各科の医師と連携して患者さまの痛みの原因を探ります。

麻酔科:外丸副院長

「痛み止め」は薬が切れたら痛みが戻ってきますが、ペインクリニックで行う神経ブロック療法は即効性に加え、薬が切れてももとのような痛みが戻ってこないことが多く「神経ブロック」を繰り返して行うと、頑固な痛みでもやがては解消します。鎮痛薬を飲むと胃が荒れる方でも、ペインクリニックなら安心です。痛みでお悩みのある方は一度ご相談にいらしてください。

お電話でのお問合せは

TEL 046-275-0110