平成30年度 中央林間病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 13 70 74 113 137 162 310 414 155
最も多い年齢層は70・80歳代であり、70歳以上の患者様の割合が60.7%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 74 7.9 12.7 0% 53.1
060150xx99xx1x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 あり 45 7.5 11.1 0% 50.2
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 10.3 20.0 0% 58.3
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 19 2.8 4.4 0% 69.2
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 18 4.6 7.4 0% 70.3
手術の有無にかかわらず、腹膜炎を合併している消化器疾患の患者様は外科入院としている場合が多い為、
非手術例の入院が多くなっております。また当院では腹腔鏡下の手術に積極的に取り組んでいます。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180030xxxxxxxx その他の感染症(真菌を除く。) 22 17.5 12.4 13.6% 79.6
040130xx99x1xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 あり 14 19.9 16.3 7.1% 79.3
170060xxxxxxxx その他の精神及び行動の障害 13 41.5 10.9 46.2% 81.6
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 12 2.8 5.1 0% 67.3
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし 11 11.9 16.2 0% 79.5
肺炎等の呼吸器疾患による高齢者の入院が多くみられます。施設入所が必要となるケースではマネジメントに
時間を要し、在院日数が長くなることがあります。
また、前提機能障害(めまい)の数も多いですが、短期間で退院されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160700xx97xx1x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 あり 8 5.3 13.4 12.5% 62.3
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 8 7.3 9.6 0% 50.6
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 6 38.5 26.3 16.7% 84.0
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 4 9.3 15.5 0% 65.0
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 3 4.0 6.1 0% 28.7
患者様の高齢化や連携施設からの受け入れを多く行っているため、転倒し骨折された患者様が
多くを占めています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし 12 13.1 16.3 0% 78.2
180030xxxxxxxx その他の感染症(真菌を除く。) 9 13.6 12.7 0% 76.3
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2 なし 8 1.0 11.7 0% 67.4
010300xxxxxxxx 睡眠障害 4 2.0 4.2 50.0% 68.0
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 3 2.3 4.8 0% 51.3%
心不全、肺炎の患者様が多くの割合を占めております。
また内科同様めまいは短期間で退院しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060290xx99x0xx 慢性肝炎(慢性C型肝炎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 なし 4 21.0 8.2 0% 69.8
180035xxxxxxxx その他の感染症(真菌を除く。) 4 10.3 12.4 0% 67.8
010300xxxxxxxx 睡眠障害 4 53.3 4.2 0% 65.0
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2 なし 3 8.7 7.3 0% 67.0
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし 2 73.0 39.0 0% 65.5
自己免疫性肝炎の患者様を中心に、幅広く内科疾患の治療に力を注いでおります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 3 1 14 10 2 18 1 7
大腸癌 1 20 26 11 8 10 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 0 0 0 3 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 3 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICCが定めた腫瘍の病期分類から、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を表したものがStage分類です。当院では胃癌・大腸癌をはじめとする消化器系の外科的手術や化学療法などの治療を行っています。平成30年度は前年度に比べ、胃癌の初発患者数が減少しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 18 6.7 41.3
重症 17 17.3 75.4
超重症 15 14.3 85.5
不明 31 23.6 78.8
重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。市中肺炎は年齢が高いほど重症度も高い傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 25.8 76.0 7.7%
その他 23 17.1 76.7 21.7%
医療資源を最も投入した傷病名が脳虚血性疾患を対象とし、発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。平成30年度は前年度に比べ、I63$(脳梗塞)に分類される患者さんが増加しており、平均年齢は76.4歳でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 2.2 4.6 3.85% 65.8
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 1.4 4.8 0% 59.4
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 24 1.2 9.0 91.7% 74.6
K654 内視鏡的消化管止血術 19 1.1 16.4 5.26% 74.3
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 18 0.39 4.67 0% 40.1
外科では、内視鏡・腹腔鏡を用いた低侵襲手術を中心に行っています。中でも鼠経ヘルニア手術(両側)・胆嚢摘出術・虫垂切除術が多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 26 11.7 41.0 11.5% 87.5
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 9.1 43.7 21.1% 78.9
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 15 2.3 14.5 0% 63.1
K0484 骨内異物(挿入物)除去術(鎖骨) 7 1.1 2.7 0% 47.6
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 5 0.8 7.0 0% 55.0
整形外科では、骨折観血的手術が最も多く、主に大腿骨骨折や前腕骨骨折・鎖骨骨折に対して行われます。
人工骨頭挿入術は股関節の大腿骨頭が損傷し、骨頭を保存しての治療が難しいときに行います。どちらの術式も術後は退院に向けリハビリを行っています。
骨内異物除去術は骨折観血的手術で内副子(ねじ、プレート、髄内釘など)固定をし、骨癒合が完成してから内副子の抜去を行う手術です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 5 15.8 38.6 40.0% 81.2
K654 内視鏡的消化管止血術 4 2.0 12.5 0% 68.5
K7211 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) 2 5 18 0% 66.5
内科では、消化器疾患を中心とした手術・治療も行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 2 0.0 11.5 0% 66.0
K7211 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) 2 0.5 1.0 0% 71.5
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 2 0.0 64.5 0% 55.0
消化器内科でも、内科と同様に消化器疾患を中心とした手術・治療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術 12 0.0 0.0 0% 69.8
循環器内科では、経皮的シャント拡張術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 1 0.03%
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 20 0.54%
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる 37 1.01%
厚生労働省による平成28年度のDPC対象病院全国平均は、播種性血管内凝固症候群「0.01%」、その他の真菌感染症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.30%」であり、当院では全国平均値をやや上回る結果となりました。
臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めます。
更新履歴
2019.9.30
平成30年度分公開

お電話でのお問合せは

TEL 046-275-0110