先輩ナースの言葉

Kさん

【所属・役職】B病棟
【看護キャリア】13年
【中央林間病院勤務歴】3年
【勤務形態】日勤パート

Q 当院に転職した理由を教えてください

東日本大地震が起きたとき、そのときはたまたま家にいたのですが、「今後何があっても保育園に徒歩で迎えに行ける距離の職場にいたい」と思ったのが当院への転職を考えたきっかけでした。また最初の勤務先が急性期の病院だったので、もう一度勉強したかったのも転職理由のひとつです。現在は、子どもとの時間を大切にしたいので、平日の日勤パートとして勤務しています。
入職するとプリセプターが付きましたが、実際にはいろんな先輩方がそのときどきに指導してくださいました。ただ、看護師としては全くの新人ではなかったので、受け身ではなく、誰かに聞かないと進められないような状況ではどんどん周りに聞く事を意識して取り組んでいました。それから徐々に人数の多い部屋を担当するようになりました。

Q 入職して戸惑うことや困ったことはありましたか?

緊急入院があって、朝組んだ予定がガラッと変わったときは大変だなと思いました。入職初めに感じたのは、多職種との関わりが多いことです。最初はどの人がリハビリの先生なのか全く知りませんでしたし、誰に何を聞けばよいかもわかりませんでした。そんなとき、自分の紹介を周囲のスタッフにしてくれるなど、先輩たちが細かいサポートをしてくれたことで、先にリハビリの先生が私の名前を覚えてくれました。
また、部屋の受持ちをしていると、ほかのさまざまな職種の人から声をかけられることが多いですね。「病棟ならここまでしても大丈夫ですよ」とか。以前、急性期から慢性期の病院に転職した時はあまりの違いに驚きましたが、ここに来たときはそこまでギャップは感じませんでした。

Q 職場の雰囲気はいかがですか?

先輩も上司も優しくて相談しやすい環境です。子どもが急に熱を出した時も「早く帰りなさい」と声をかけてくれます。ここには素晴らしい先輩がたくさんいて、たとえば知識の豊富な人、患者さんへの説明がわかりやすく丁寧な人、患者さんから言われたことを素直に受け取れる人など、患者さんから頼られるオーラをみなさんが発しています。今振り返ると、憧れの先輩がたくさんいる環境で働ける当院に転職してとてもよかったと感じています。
私も50歳くらいになって、「なんでも頼ってください」というオーラが出てくるようになったら、訪問看護にチャレンジしてみたいと思います。お手本となる先輩が多いので、目標をもって長く勤められる職場です。

Aさん

【所属・役職】A病棟
【看護キャリア】14年
【中央林間病院勤務歴】6年
【勤務形態】常勤
週3日の非常勤で入職し、現在は常勤勤務

Q 当院に勤務して良かったことを教えてください

残業時間が短いことです!前職では20時あがりが普通だったので有り難いです。子育てしている人が多いから、みんな「早く帰ろう」という意識がしっかりしているんだと思います。チームワークの強さも残業対策になっているかもしれませんね。A病棟は3チームに分かれてチームごとに各部屋を担当していますが、忙しいチームがあったら、ほかのチームで手があいた人から手伝いに行くのが当たり前になっています。お互いに思いやりを持って働いている、居心地の良い職場です。